メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「政策を錬磨し政権担う準備」石破茂氏 発言力衰えども独自の道歩む 

インタビューに答える自民党の石破茂元幹事長=東京都千代田区で2019年5月21日、玉城達郎撮影

 自民党の石破茂元幹事長は1日、自身が率いる石破派(19人)の研修会で「ポスト安倍」への意欲を改めて示した。ただ、党内の支持は広がっておらず発信力は低下気味で、安倍晋三首相(党総裁)の4選論も浮上する中、具体的な道筋は描けていない。

 「何のために政権を担うのか、準備をきちんとしていかなければならない。政策を錬磨し、支持を増やす努力は続けていきたい」。石破氏は神奈川県小田原市のホテルで開いた研修会の後、記者団に強調した。

 石破氏は昨年9月の総裁選で党員票の45%を獲得して善戦し、地方での人気を誇示した。だが、安倍政権に…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文667文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  3. 沢尻容疑者代役に川口春奈さん 大河ドラマ「麒麟がくる」帰蝶役

  4. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  5. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです