メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市、災害時にLINE活用 防災チャットボットで被災情報共有

「防災チャットボット」で災害の被害状況を送る際のスマホ画面=神戸市北区で、反橋希美撮影

 神戸市は今月から、地震や豪雨などの災害発生時、消防団員がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用して被害情報を共有する「消防団スマート情報システム」を運用する。市民向けのシステム導入も検討しており、阪神大震災(1995年)から25年となる来年1月17日に実証実験する。情報技術を生かした防災力向上を目指す。【反橋希美】

 システムは、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の「防災チャットボット」を使う。災害の発生時、チャ…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです