メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市、災害時にLINE活用 防災チャットボットで被災情報共有

「防災チャットボット」で災害の被害状況を送る際のスマホ画面=神戸市北区で、反橋希美撮影

 神戸市は今月から、地震や豪雨などの災害発生時、消防団員がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を活用して被害情報を共有する「消防団スマート情報システム」を運用する。市民向けのシステム導入も検討しており、阪神大震災(1995年)から25年となる来年1月17日に実証実験する。情報技術を生かした防災力向上を目指す。【反橋希美】

 システムは、無料通信アプリ「LINE(ライン)」の「防災チャットボット」を使う。災害の発生時、チャ…

この記事は有料記事です。

残り680文字(全文897文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  2. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  3. 「僕はいじめられっ子」被害訴える文章、教諭が教室内に掲示 日光市教委が厳重注意

  4. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです