メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「保険金だけじゃ足りない…」罹災証明受け付け開始 佐賀・武雄

 九州北部を襲った大雨で多くの被害が出た佐賀県武雄市で2日、公的な支援金などを受けるために必要な「罹災(りさい)証明書」の申請受け付けが始まった。市役所に設けられた臨時窓口には午前8時半の受け付け開始直後から次々に被災者が訪れて長い列ができ、職員が対応に追われた。

 申請した武雄市北方町の会社員、岩松孝さん(38)は約3年前に建てたばかりの家…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです