メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴力、紛争から交流、理解へ ミュージアムの役割考える ICOM京都大会開会

ICOM京都大会の開会式であいさつするICOM京都大会組織委員長の佐々木丞平・京都国立博物館館長=京都市左京区の国立京都国際会館で2019年9月2日午前10時42分、川平愛撮影

 世界の博物館関係者らが一堂に会し、複雑化する社会の平和と発展に寄与するための方策を話し合う「第25回国際博物館会議(ICOM)京都大会2019」の開会式が2日、京都市左京区の国立京都国際会館であった。7日までの日程で、118の国・地域から過去最多の約4200人が参加。持続可能な未来への貢献など四つの主要課題を議論する全体会合や、分野ごとの国際委員会会合などが開かれる。

 開会式には、秋篠宮ご夫妻が出席。ICOM日本委員会の青木保委員長が「今日の世界は平和で調和が取れて…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  3. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  4. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです