メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防災の日、かやぶき屋根に放水訓練 福島・下郷 

空に向けて噴き上がる一斉放水の水柱=福島県下郷町の大内宿で2019年9月1日午前10時2分、湯浅聖一撮影

 国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている福島県下郷町の大内宿で1日、防災訓練があった。参加した消防団員らは消火設備などを点検し、かやぶき屋根の家が建ち並ぶ集落で一斉放水した。

 歴史的な文化遺産を火災から守るため、地元の消防団などが毎年実施している。この日は午前10時、通りの中央にある火の見や…

この記事は有料記事です。

残り120文字(全文270文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです