メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アスベスト規制拡大 使用された全ての建物が対象に 実効性はあるか

 アスベスト(石綿)を使った全ての建物が、解体時などに大気汚染防止法の規制対象となる見通しになった。今後、解体工事のさらなる増加が見込まれる中、これまで対象外だった建材でも石綿の飛散が確認され、対策強化を迫られていた。ただ、下請けも含めた業者への周知、規制を担う自治体の人材確保など、飛散防止の実現には課題が多く残されている。【柳楽未来、鈴木理之、大場あい】

この記事は有料記事です。

残り2903文字(全文3082文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです