メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アントニオ猪木さんがラグビー日本代表にエール

コラボレーションしたメニュー「最強のスクラム 闘魂バックリブ」を試食するアントニオ猪木さん=東京都武蔵野市で2019年9月2日、佐々木順一撮影
赤いマフラー姿でポーズを取るアントニオ猪木さん=東京都武蔵野市で2019年9月2日、佐々木順一撮影

 7月の参院選に出馬せず政界引退した元プロレスラー、アントニオ猪木さんが2日、全国で居酒屋チェーンを展開するモンテローザ(東京都武蔵野市)の「ラグビー応援メニュー」記者発表会に出席した。

 20日に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会を前に、フィッシュアンドチップス(イングランド)やシェパーズパイ(アイルランド)などW杯出場チームにちなんだメニューが3日から、約1500店舗で販売される。猪木さんは先月27日に妻田鶴子(たづこ)さんが亡くなり「元気がない」と苦笑いしながらも、自身とのコラボメニュー「最強のスクラム 闘魂バックリブ」(1280円)にかぶりついた。トレードマークの赤いマフラー姿でW杯に臨む日本代表に「ラグビーもがんばれー」とエールを送り、最後は恒例の「1、2、3、ダァー」で拳を突き上げ、日本代表に闘魂を注入した。【写真・文 佐々木順一】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです