連載

世界の雑記帳

ロイター通信から、「へぇ~」と思わず声を上げそうな海外のニュースをお届けします。随時更新。

連載一覧

世界の雑記帳

96歳の最高齢ダイバー、42.4m潜り記録更新 英国出身の退役軍人

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
 キプロスで8月31日、96歳の英国人男性レイ・ウーリーさんが潜水し、現役の世界最高齢スキューバダイバーとしての自己記録を更新した(2019年 ロイター/Yiannis Kourtoglou) 拡大
 キプロスで8月31日、96歳の英国人男性レイ・ウーリーさんが潜水し、現役の世界最高齢スキューバダイバーとしての自己記録を更新した(2019年 ロイター/Yiannis Kourtoglou)

 [ラルナカ(キプロス) 31日 ロイター] - キプロスで8月31日、96歳の英国人男性レイ・ウーリーさんが潜水し、現役の世界最高齢スキューバダイバーとしての自己記録を更新した。

 ウーリーさんは8月28日に誕生日を迎えたばかり。今回は水深42.4メートルを48分間にわたり潜り、これまでの記録(40.6メートル、44分間)を塗りかえた。「来年もまた挑戦したい」とロイターに語った。昨年も、自身が打ち立てた記録を破っていた。

 この日は47人のダイバーもウーリーさんと一緒に潜水を楽しんだ。

 ウーリーさんは第2次大戦の退役軍人で、戦時中は通信士だった。ダイビング歴は59年で、現在はキプロスに住んでいる。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集