メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

96歳の最高齢ダイバー、42.4m潜り記録更新 英国出身の退役軍人

 キプロスで8月31日、96歳の英国人男性レイ・ウーリーさんが潜水し、現役の世界最高齢スキューバダイバーとしての自己記録を更新した(2019年 ロイター/Yiannis Kourtoglou)

[PR]

 [ラルナカ(キプロス) 31日 ロイター] - キプロスで8月31日、96歳の英国人男性レイ・ウーリーさんが潜水し、現役の世界最高齢スキューバダイバーとしての自己記録を更新した。

     ウーリーさんは8月28日に誕生日を迎えたばかり。今回は水深42.4メートルを48分間にわたり潜り、これまでの記録(40.6メートル、44分間)を塗りかえた。「来年もまた挑戦したい」とロイターに語った。昨年も、自身が打ち立てた記録を破っていた。

     この日は47人のダイバーもウーリーさんと一緒に潜水を楽しんだ。

     ウーリーさんは第2次大戦の退役軍人で、戦時中は通信士だった。ダイビング歴は59年で、現在はキプロスに住んでいる。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

    2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

    3. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

    4. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

    5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです