メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

国連機関支援 給食、ルワンダの希望 10年前撮影の2人、成長

ジャン・クラウドさん(右から2人目)、クラリスさん(同3人目)と在校生で、10年前と同じ場所、構図で撮影した=7月(MayumiRuiさん提供)

 一枚の写真がある。「hope(希望)」と書かれた黒板を前に笑顔で見上げる4人の子どもたち。「o」は給食の入った赤いカップだ。10年前の2009年5月、東アフリカ・ルワンダのビハラグ小学校で撮影された。タイトルは「hopeを消さないで」。【丹治重人】

 「給食の時間はとても楽しかった」「給食のおかげで卒業できた。撮影時のこと、今も覚えています」

 懐かしそうに話すジャン・クラウドさん(20)とクラリスさん(18)。写真の右から2人目がジャンさん、同3人目がクラリスさんだ。

この記事は有料記事です。

残り590文字(全文826文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです