メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる

東京五輪ボランティア 応募低調、期待と不安

東京五輪・パラリンピックのボランティアユニホームに身を包み、発表記者会見で笑顔を見せる香取慎吾さん(中央)ら=東京都中央区で2019年7月19日、鈴木健太撮影

スケジュールや待遇に不透明さも

 来年7月から東京五輪・パラリンピックが開催される。大会を支える重要な役割を担うのが大会ボランティアだ。その主力と期待されている大学生は、どのように考えているのか。57人にアンケートをとった。(かっこ内の丸数字は学年)

 まず、大会のボランティアに応募をしたか聞いた。「応募した」と回答したのは、わずか2人にとどまった。2人からは「またとない貴重な機会だから」(早稲田(2)女)、「オリンピックの裏側をのぞいてみたい」(東京(2)男)と普段できない経験を求める意見が上がった。希望した内容についてはそれぞれ「会場係。臨場感を味わいたい」「アテンド。得意の外国語をいかしたい」という思いが寄せられた。

 一方応募しなかった人は「特別魅力を感じないから」(信州(1)男)という意見や、「興味はあったが(開…

この記事は有料記事です。

残り921文字(全文1284文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです