メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 千葉県市原市の自立援助ホーム「みんなのいえ」で暮らす少年(18)の夢は、得意なお菓子作りの腕を磨き、大好きなアニメをコンセプトにしたカフェを開くことだ。飲食店などでアルバイトを掛け持ちし、生活を切り詰めてこつこつと開店資金をためている。

 ホームには、さまざまな理由で家庭にいられない働く少年が入居する。中学卒では仕事の選択肢が少なく、「ブラックバ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 寺で同性結婚式 指輪の代わりに虹色数珠 「性関係なく幸せに」 埼玉・川越

  2. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  3. 誰のための補正予算? 「幽霊会社でも務まる」民間委託の謎 疑問に答えぬ政府

  4. 米グーグルを集団提訴 ブラウザー利用者「シークレットモードで履歴収集」

  5. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです