メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第18講 岩ガキ 断層ギューッ、濃厚なうまみ

 33年前の夏、初めて食べた岩ガキのあまりのおいしさに、仰天したのを覚えている。今回は能登半島に出向き、半島の成り立ちと岩ガキの密なる関係を解き明かすことに。

 ■マガキと違い夏が旬

 マグマ学者の巽好幸先生、日本料理の大引伸昭先生らの一行は、特急サンダーバードで金沢へ、金沢から車で石川県七尾市の七尾湾に浮かぶ能登島へと向かう。

 まずは岩ガキといつも食べてるカキとの違いを押さえておこう。

この記事は有料記事です。

残り2560文字(全文2753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです