メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

胆振東部地震1年

生活再建、最優先に 被災3町、応急仮設に201世帯 /北海道

季節が移ろい、ナナカマドが色づき始める中、静かな夜に包まれる応急仮設住宅=北海道厚真町表町で

 最大震度7を観測した胆振東部地震の震源地に近い厚真・むかわ・安平3町は、共通の最優先課題として生活再建を掲げる。応急仮設住宅の入居期限が来年12月に迫る中、3町の対応をまとめた。【福島英博】

 3町の応急仮設住宅には、201世帯415人(8月末現在)が入居している。建物は断熱材を増強した「北海道仕様」だが、厳冬期は結露や寒さ、猛暑の今夏は暑さにさいなまれた。壁が薄く、入居者は隣人に気を使いながら暮らしている。

この記事は有料記事です。

残り932文字(全文1138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです