メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森しあわせネットワーク、3年目へ 生活困窮者の支えに 食料など提供 /青森

青森しあわせネットワークの相談員(右)の訪問に応じる男性=青森市内で

「支援届かぬ人 まだいる」

 県内の社会福祉法人が資金を出し合い、生活保護など既存の支援制度の網から漏れてしまう生活困窮者をサポートする「青森しあわせネットワーク」が発足して来月で3年目を迎える。これまでに200世帯以上に支援を行ってきたが関係者は「支援の届かない人たちはまだまだいる」とさらなる取り組みの充実を図る。支援の現状や背景を追った。【井川加菜美】

 青森市に住む70代の男性は、精神的に落ち込み一時的に生活が困窮した際に支援を受けた。家賃月3万20…

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1278文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです