「東日本大震災・原子力災害伝承館」 来夏開業の県アーカイブ施設 世代超え引き継ぐ /福島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
震災前から復興への歩みを、6段階で展示する「東日本大震災・原子力災害伝承館」の完成予想図=福島県提供
震災前から復興への歩みを、6段階で展示する「東日本大震災・原子力災害伝承館」の完成予想図=福島県提供

語り部養成、資料展示

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の記録と教訓を後世に伝えるため、2020年夏のオープンを目指し県が双葉町に建設するアーカイブ拠点施設について、県は2日の検討会議で、名称を「東日本大震災・原子力災害伝承館」に決めた。映像を中心にした展示で、語り部の養成や、膨大な収集資料の展示も検討する。関係者は「風化させず、世代を超えて引き継ぎたい」と期待する。【柿沼秀行】

 伝承館は総事業費約55億円。地上3階建て、延べ床面積約5200平方メートルで、今年2月に起工した。震災発生から復興へと、6段階の展示ストーリーを設定している。隣接して復興祈念公園が整備される予定だ。

この記事は有料記事です。

残り665文字(全文958文字)

あわせて読みたい

注目の特集