メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者事故防止、GSで呼び掛け 下野署、18店舗に委嘱 /栃木

チラシを配って事故防止を呼び掛けるガソリンスタンドの店員(手前)=栃木県上三川町で

 下野署は2日、高齢者が関わる交通事故を減らそうと、管内のガソリンスタンド(GS)18店舗を「高齢ドライバー思いやりステーション」に委嘱した。高齢のドライバーが給油に訪れた際、チラシや啓発グッズを配布して安全運転を呼び掛ける。

 県警によると、県内で今年上半期に起きた75歳以上の運転手による死亡事故は9件で全国最多。…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです