メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語に登場の料理堪能 長岡の実行委が作製 /新潟

チラシと「落語めしマップ」ゲラ刷りの一部

 「いま何どきだい?」の掛け合いでおなじみ、落語の古典演目「時そば」を聞いていたら無性にソバが食べたくなった――。そんな落語あるあるを手助けしようと、長岡えきまえ落語実行委員会が「落語めしマップ」を作製している。13日にJR長岡駅前のアオーレ長岡で開催する「長岡えきまえ落語」の来場者全員に配るため、いま「取材」が急ピッチで進んでいる。【若狭毅】

 長屋の花見に大根のしっぽの付いた卵焼き(たくあん)が時には登場するが、落語にはおいしそうな料理がた…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文935文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 犠牲者最後の言葉は「待て、話を聞け」 新幹線殺傷の被告

  3. 「3人殺すと死刑なので2人までに」 新幹線殺傷、公判で被告

  4. 診療所の倉庫に複数のクマ「ライト当てると目が動いた」 新潟・南魚沼

  5. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです