「ミス・ユニバーシティ」初代GP 長澤さんが大津市長を訪問 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
越直美市長(左)を表敬した「2019ミス・ユニバーシティ」日本大会グランプリの長澤佳凜さん=大津市役所で、菅健吾撮影
越直美市長(左)を表敬した「2019ミス・ユニバーシティ」日本大会グランプリの長澤佳凜さん=大津市役所で、菅健吾撮影

 女子大生らを対象に次世代のオピニオンリーダーの発掘を目指すコンテスト「2019ミス・ユニバーシティ」の日本大会で初代グランプリを受賞した、滋賀代表の立命館大2年、長澤佳凜(かりん)さん(19)が、大津市役所で越直美市長を表敬訪問した。長澤さんは「大津や滋賀に貢献できるような活動をしていきたい」と意気込んだ。

 今年初開催の同コンテストは18~27歳までの大学生、短大生、専門学校生が対象。7月に横浜市で開かれた全国大会には13府県の代表13人が参加し、スピーチやダンス、ウオーキングなどで競った。

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文505文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集