メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

畳設営契約は不適切 柔道大会で監査委員「業者、登録外」 五條市 /奈良

 五條市で昨年9月に開かれた「第1回シダースーパーカップ柔道大会」で、畳の設営費三十数万円が業者に二重に支払われた疑いに関し、市は2日、「不適切な事務処理だった」との市監査委員による特別監査結果を市議会に報告した。

 特別監査は市の依頼で4月から実施。報告などによると、畳の設営は市から市内業者に随意契約で発注されたが、業者は市の登録業者リストに含まれておらず、本来は契約を結ぶことが…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文479文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです