メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

輝集人

自殺志願者の救済活動20年 藤藪庸一さん 学びで生きる力を /和歌山

子供たちと川遊びを楽しむ藤藪庸一さん=和歌山県白浜町椿で、藤田宰司撮影

藤藪庸一(ふじやぶ・よういち)さん(47)

 1999年4月に白浜バプテストキリスト教会の牧師になった。以来20年、白浜町の三段壁で自殺しようとする人を助ける活動を続けてきた。保護した人は教会で受け入れ、共同生活の中で自立を促し、社会復帰につなげた人は、これまでに900人以上になる。

 「困っている人がいれば助けるべきだという『良心』」が原動力。「生きることを諦めかけた人たちに寄り添い、そばにいて一緒に生きていく。その人を諦めないことだけを続けてきた」と振り返る。

 三段壁には、“死に場所”を探してたどり着いた人のための「いのちの電話」が設置されている。助けを求め…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文820文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです