メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

石綿飛散頻発に対応 規制強化 新対象、従来の5~20倍

 アスベスト(石綿)を使った全ての建物が、解体時などに大気汚染防止法の規制対象となる見通しになった。解体の更なる増加が見込まれる中、規制対象外の建材でも石綿飛散が確認され、対策強化を迫られた。ただ、新たな規制対象の工事は従来の対象の5~20倍に上るとされ、下請けも含めた業者への周知、規制を担う自治体の人材確保など課題は多い。【柳楽未来、鈴木理之、大場あい】

 環境省の有識者会議が今回まとめた規制強化策で最大のポイントは、従来は一部の工事だけだった規制対象を…

この記事は有料記事です。

残り2560文字(全文2789文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

  2. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  3. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  4. 漁船内に覚醒剤600キロ 昨年押収量の半分に匹敵 所持容疑で11人逮捕 熊本・天草

  5. 石川、五輪代表へ 平野にポイント差で 卓球グランドファイナル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです