ドキドキ待機組70人 内閣改造、脱・均衡や改憲焦点 「狭き門」へ激戦

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
入閣の「狭き門」を突破するのは?
入閣の「狭き門」を突破するのは?

 安倍晋三首相が来週行う内閣改造・自民党役員人事で、入閣適齢期とされる衆院当選5回以上、参院当選3回以上で閣僚経験のない約70人の「入閣待機組」の処遇が焦点となる。首相は「新たな人材に突破力を発揮してもらう」と述べており、待機組には期待が広がる。とはいえ、閣僚ポストは現在19で、「狭き門」に変わりはない。各派閥は待機組の入閣を目指して働きかけを強めている。【飼手勇介】

 首相は昨年10月の内閣改造で、麻生太郎副総理兼財務相ら政権の「土台」を維持。その上で、直前の党総裁選で首相を支持した細田派など5派に加え、総裁選で戦った石破派からも起用する派閥均衡人事で、12人が初入閣した。今回は党総裁としての残り任期が約2年と迫る中、各派閥に配慮する均衡型から「大胆な人事になるのでは」(閣僚経験者)との見方がある。

この記事は有料記事です。

残り1176文字(全文1530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集