メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

消費税10% 生活どう変わる

消費税10% ポイント解説 軽減税率の対象は? 酒類・外食除く飲食料品

軽減税率の対象品目

 軽減税率は、生活必需品の税率を8%に据え置く制度。消費税は所得が低いほど負担が重くなると指摘されており、これを緩和する目的で導入される。対象は飲食料品(酒類と外食を除く)と、週2回以上発行される定期購読の新聞(電子版を除く)だ。

 調味料も軽減税率の対象だが、酒税法上、お酒にあたるみりんの税率は10%。一方、酒と規定されないアルコール1度未満の「みりん風調味料」や甘酒、ノンアルコールビールは8%となる。

 外食は「ぜいたく品」とみなされ、軽減税率の対象外となる。政府は外食について(1)テーブルや椅子、カ…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. なぜ相次ぐ有名人の薬物事件 背景にプレッシャー?

  4. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

  5. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです