連載

追跡

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

追跡

スパコン「京」運用終了 「富岳」で次の頂に 単純計算速度争わず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
運用が終わり、電源が落とされていくスーパーコンピューター「京」=神戸市中央区で8月30日、加古信志撮影
運用が終わり、電源が落とされていくスーパーコンピューター「京」=神戸市中央区で8月30日、加古信志撮影

 理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)が8月で運用を終えた。2012年9月に本格運用を開始して以来、世界トップクラスの性能を誇り、従来は時間がかかりすぎて不可能だったシミュレーションを実現するなど研究の進展に貢献した。21年をめどに稼働する後継機「富岳」は、理研と富士通が開発を進める。【松本光樹、渡辺諒】

 京は開発段階だった09年、旧民主党政権の事業仕分けで蓮舫参院議員が「2位じゃダメなんですか」と追及し、世間の注目を浴びた。開発予算がいったん事実上の凍結となったが結局、予算を一部削られて開発は続行し、11年に計算速度で世界1位に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り2163文字(全文2447文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集