メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

スパコン「京」運用終了 「富岳」で次の頂に 単純計算速度争わず

運用が終わり、電源が落とされていくスーパーコンピューター「京」=神戸市中央区で8月30日、加古信志撮影

 理化学研究所のスーパーコンピューター「京(けい)」(神戸市)が8月で運用を終えた。2012年9月に本格運用を開始して以来、世界トップクラスの性能を誇り、従来は時間がかかりすぎて不可能だったシミュレーションを実現するなど研究の進展に貢献した。21年をめどに稼働する後継機「富岳」は、理研と富士通が開発を進める。【松本光樹、渡辺諒】

 京は開発段階だった09年、旧民主党政権の事業仕分けで蓮舫参院議員が「2位じゃダメなんですか」と追及し、世間の注目を浴びた。開発予算がいったん事実上の凍結となったが結局、予算を一部削られて開発は続行し、11年に計算速度で世界1位に輝いた。

この記事は有料記事です。

残り2163文字(全文2447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生善治九段、藤井聡太2冠に80手で公式戦初勝利 王将戦リーグ

  2. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  3. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  4. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  5. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです