メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 小4、掛け算も教わらず 支援学級「ブラジル人収容所」

職業訓練の一環として、アンケートの集計作業をするペルー国籍の少年(17)。現在は特別支援学校の高等部に在籍し、就職を目指す=名古屋市で、奥山はるな撮影(画像の一部を加工しています)

 障害のある子どもの就学先について、文部科学省は2013年の通知で「本人と保護者の意見を可能な限り尊重しなければならない」と明記した。一方で、日本語が十分に理解できないため学校や医師と合意形成できず、希望しないまま特別支援学級に在籍する外国人の子どもは後を絶たない。

 日本で生まれ、岐阜県の小学校に通ったブラジル人の中学2年の少女(14)は本人や母親に説明もなく、入学時から小学4年まで特別支援学級に在籍することになった。

 母親は約15年前の来日直後から1日約11時間、自動車部品工場で働く。日ごろ勉強を見てあげる余裕がなく家庭教師を頼むと、小4のある日、少女が掛け算ができないことが分かった。「学校で習わないの?」。そう聞くと、「学校では芋掘りをしている」と答えた。

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1319文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです