メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

 「いのちのドア」 母と子守れ

「あなたを否定はしません。いつでも“ドア”を開けて下さい」。玄関前で、代表理事の永原郁子さん(左)と、保健師の西尾和子さん=神戸市北区で

 神戸市北区の「マナ助産院」が、思いがけない妊娠に悩む女性に向けた24時間対応の相談窓口「小さないのちのドア」の運用を始めてから今月1日で1年となった。全国から寄せられた相談は1100件以上(7月末現在)。妊娠後期の未受診妊婦やパートナーによるドメスティックバイオレンス(DV)など緊急対応が必要なケースも多かった。代表理事で助産師の永原郁子さん(62)は「誰もが安心して出産に備えられる場所が必要」として、行き場がない女性を受け入れる“マタニティーホーム”の建設計画を進めている。

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1585文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  2. 再思三省 第78回 ラグビーW杯始まります

  3. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです