メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

愛ある助言“鶴竜先生” 阿炎、大翔鵬…元付け人が出世

大相撲名古屋場所の優勝額撮影で、付け人に横綱を締めてもらう鶴竜(中央)=松田嘉徳撮影

 大相撲名古屋場所で7場所ぶり6回目の優勝を果たした横綱・鶴竜(34)=井筒部屋=は、秋場所(8日初日、東京・両国国技館)で自身2度目の2連覇を狙う。横綱在位は33場所目で、千代の山を抜き歴代単独10位となった。鶴竜は、その付け人を務めた力士が多く出世を遂げていることでも注目されている。“鶴竜先生”の若手育成法を探った。【飯山太郎】

 鶴竜の付け人経験者のうち、秋場所で最高位は2場所連続で小結を務める阿炎(25)=錣山部屋=だ。幕内では他に前頭12枚目に大翔鵬(25)=追手風部屋=がおり、十両は2場所ぶりに復帰の彩(27)=錣山部屋。また、現在は幕下だが、元十両の極芯道(23)=錦戸部屋=もいる。

この記事は有料記事です。

残り1586文字(全文1887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 緊急事態宣言の非科学性

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 京都市バスが感染対策の新車両導入 換気扇増設や運転手と客席の距離拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです