メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲・技あり! 四つ 理にかなった遠藤の攻め

名古屋場所千秋楽で北勝富士(左)を寄り切りで破り10勝目を挙げた遠藤=大西岳彦撮影

 大相撲でよく耳にする「四つ」とは、対戦する2人の力士がお互いに差し合い、体を密着させるように組み合う形を言う。双方が右手を下手に差して左手を上手にしている場合が右四つ。左を差し、右を上手にしていれば左四つと呼ぶ。相手に双差しを許して自分が左右とも上手になった体勢は「外四つ」と呼ばれる。

 対戦する二人の得意な差し手の左右が同じならば「相四つ」で、違う場合は「けんか四つ」。四つに組んだ両力士が上手も下手もまわしを引き合い、胸が密着している状態を「がっぷり四つ」と表現する。

 四つ相撲といえば、組み合って力を出し合う豪快な印象が強い。大関・栃ノ心は右四つから腕っ節の強さを生…

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文717文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです