メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

待ったなし しこ名、時代映し=武藤久

 しこ名には姓名と同じで「上と下」がある。表彰式以外で下の名が呼び上げられることはないが、名古屋場所で優勝した鶴竜は「鶴竜力三郎」、白鵬は「白鵬翔」。番付には載っている。

 歴代横綱に同姓同名の西ノ海嘉治郎が3代(第16、25、30代横綱)、2代にも梅ケ谷藤太郎(第15、20代)、若乃花幹士(第45、56代)がいる。最高位ゆえに横綱のしこ名は後の力士が勝手に名乗ることができない「止め名」だが、前記の例は師匠が弟子に継がせたもの。若貴兄弟の兄で第66代横綱の若乃花は下の名が勝。「3代」と表記しているマスコミもあるが、2代目とは師弟ではないし、下の名が異なり3代ではない。

 秋場所で改名したのは新十両の玉木が朝玉勢と名乗るなど8人。うち2力士が上下ともに変えた。しこ名は漢…

この記事は有料記事です。

残り638文字(全文974文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです