メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛丼3社、軽減税率対応分かれる すき家と松屋「統一」 吉野家「2段階」

 牛丼チェーン「すき家」を展開するすき家本部は3日、10月の消費税増税時に導入される軽減税率の適用について、店内飲食と持ち帰りの税込み価格を統一すると発表した。牛丼大手では、松屋も税込み価格をそろえる方針だが、吉野家は店内10%、持ち帰りは8%の軽減税率を適用する方針で、対応が分かれた。

 すき家は、主力商品の「牛丼並盛」について、現行の350円の税込み価格(本体価格325円+消費税8%分の25円)を据え置く。店内で食べても、持ち帰っても価格は同じだ。店内飲食の場合は本来、消費税増税によって10%の税率が適用されるため、本体価格を319円に引き下げた形になる。同社は他の一部メニューを値上げすることでカバーするという。価格の統一について「お客様の利便性…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 平井デジタル担当相、個人情報保護ルール見直しに意欲

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  4. 新型コロナ 塩釜のすし店4人感染 従業員と客 利用者は連絡を /宮城

  5. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです