メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛丼3社、軽減税率対応分かれる すき家と松屋「統一」 吉野家「2段階」

 牛丼チェーン「すき家」を展開するすき家本部は3日、10月の消費税増税時に導入される軽減税率の適用について、店内飲食と持ち帰りの税込み価格を統一すると発表した。牛丼大手では、松屋も税込み価格をそろえる方針だが、吉野家は店内10%、持ち帰りは8%の軽減税率を適用する方針で、対応が分かれた。

 すき家は、主力商品の「牛丼並盛」について、現行の350円の税込み価格(本体価格325円+消費税8%分の25円)を据え置く。店内で食べても、持ち帰っても価格は同じだ。店内飲食の場合は本来、消費税増税によって10%の税率が適用されるため、本体価格を319円に引き下げた形になる。同社は他の一部メニューを値上げすることでカバーするという。価格の統一について「お客様の利便性…

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文822文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  4. 宮古島市長選 新人・座喜味氏が現職破り初当選 「オール沖縄」勢力が擁立

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです