「給食のおかげで卒業できた」 ルワンダ給食支援の写真 撮影された2人、10年で成長

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 一枚の写真がある。「hope(希望)」と書かれた黒板を前に笑顔で見上げる4人の子どもたち。「o」は給食の入った赤いカップだ。10年前の2009年5月、東アフリカ・ルワンダのビハラグ小学校で撮影された。タイトルは「hopeを消さないで」。

 「給食の時間はとても楽しかった」「給食のおかげで卒業できた。撮影時のこと、今も覚えています」

 懐かしそうに話すジャン・クラウドさん(20)とクラリスさん(18)。写真の右から2人目がジャンさん、同3人目がクラリスさんだ。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文874文字)

あわせて読みたい

注目の特集