メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親の介護、専門職でも悩み 知識あっても混乱 交流会で悩み打ち明け

親の介護をする専門職が、それぞれの悩みや葛藤を打ち明ける=愛知県東海市で、加藤沙波撮影

 「“プロ”なのに、自分の親への態度がこんなことでいいのだろうか」「介護がうまくいかないことを誰にも相談できない」――。愛知県東海市で8月下旬、介護や福祉などの仕事に就く人が集う「ケアラー専門職交流会」が開かれた。参加者の共通点は、親の介護をしているということ。専門職ならではの悩みを打ち明けられる場にしていこうと、「認知症の人と家族の会」県支部が初めて開催した。【加藤沙波】

 お茶を飲みながら、少人数で語り合った参加者たち。「母が転んでけがをした時、『もう、いらんことして!』と怒ってしまった」「周りは『(専門職だから)ちゃんと介護できる』と思うだろうから、なかなか取り乱した姿を見せられない」などと打ち明けた。施設の人手不足など現場の現状を理解しているだけに「(利用者として)言いたいことがあっても、どうしても一歩引いてしまう」との声もあった。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 金正男氏殺害で一時拘束された北朝鮮男性の特異な素顔 米司法省訴追で浮かぶ軌跡

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです