メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群響、群馬音楽センターで最後の定期演奏会 満員の聴衆から5分以上の拍手

群馬音楽センターで最後となる群馬交響楽団の第551回定期演奏会=群馬県高崎市高松町で2019年9月1日、増田勝彦撮影

 群馬交響楽団の群馬音楽センター(群馬県高崎市高松町)での最後の定期演奏会が1日、開かれた。半世紀以上にわたり群響の拠点となってきただけに、満員の聴衆は、音楽センターでの長い歴史に思いを巡らせ、演奏に聴き入った。

 この日のプログラムは、大井剛史さんの指揮によるドボルザーク「スターバト・マーテル」で、約300人の群響合唱団も加わった。イエス・キリストの死を嘆き悲しむ聖母マリアを表現する10曲を一気に奏で、終演後の拍手は5分以上続いた。

 ロビーで開かれた「ふれあいトーク」には各楽器奏者14人が参加し、音楽センターでの思い出などを語った。フルートのパベル・フォルティンさんは「この建物は、僕と同じチェコが故郷の建築家、アントニン・レーモンドの作品で、音楽だけでなく、建築としてもモダニズムがある。新しいホールができると取り壊されるという話があったが、壊されないことになってよかった」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 新型コロナ不況になぜ1人20万の給付金が必要なのか 反緊縮・経済学者の提言を読む

  4. 「NY封鎖」猛反発受け撤回 トランプ氏また迷走 死者2000人突破で焦る大統領

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです