メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さみしさだらけの世の中に…「添い寝サービス」に映る現代の人間関係

利用者の味方になるキャストたち=東京都渋谷区の代々木公園で、2019年9月1日撮影(山根さん提供)

 そばにいて何でも聞いてくれて、添い寝もしてくれる--。そんなサービスが今年2月から始まり、これまで延べ400人ほどが利用したという。いかがわしさを感じながら取材すると、代表者の山根春輝さん(22)は「一人で泣いている人に味方を届けることが目的です」と爽やかな笑顔で切り返してきた。一体、どんなサービスなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2116文字)

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです