メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さみしさだらけの世の中に…「添い寝サービス」に映る現代の人間関係

利用者の味方になるキャストたち=東京都渋谷区の代々木公園で、2019年9月1日撮影(山根さん提供)

 そばにいて何でも聞いてくれて、添い寝もしてくれる--。そんなサービスが今年2月から始まり、これまで延べ400人ほどが利用したという。いかがわしさを感じながら取材すると、代表者の山根春輝さん(22)は「一人で泣いている人に味方を届けることが目的です」と爽やかな笑顔で切り返してきた。一体、どんなサービスなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2116文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです