メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さみしさだらけの世の中に…「添い寝サービス」に映る現代の人間関係

利用者の味方になるキャストたち=東京都渋谷区の代々木公園で、2019年9月1日撮影(山根さん提供)

 そばにいて何でも聞いてくれて、添い寝もしてくれる--。そんなサービスが今年2月から始まり、これまで延べ400人ほどが利用したという。いかがわしさを感じながら取材すると、代表者の山根春輝さん(22)は「一人で泣いている人に味方を届けることが目的です」と爽やかな笑顔で切り返してきた。一体、どんなサービスなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2116文字)

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  2. 新型肺炎 中国人住民多い川口で注意喚起 飲食店に文書掲示

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  5. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです