さみしさだらけの世の中に…「添い寝サービス」に映る現代の人間関係

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
利用者の味方になるキャストたち=東京都渋谷区の代々木公園で、2019年9月1日撮影(山根さん提供)
利用者の味方になるキャストたち=東京都渋谷区の代々木公園で、2019年9月1日撮影(山根さん提供)

 そばにいて何でも聞いてくれて、添い寝もしてくれる--。そんなサービスが今年2月から始まり、これまで延べ400人ほどが利用したという。いかがわしさを感じながら取材すると、代表者の山根春輝さん(22)は「一人で泣いている人に味方を届けることが目的です」と爽やかな笑顔で切り返してきた。一体、どんなサービスなのか。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1942文字(全文2116文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集