メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポンプ場浸水で排水不能に 操作員は避難 冠水域拡大 九州北部大雨

用水路や農地の水面に浮いた油を吸着マットで除去する人たち=佐賀県大町町で2019年9月3日午後1時29分、金澤稔撮影

 佐賀県を中心に大規模冠水などをもたらした九州北部の大雨は4日、発生から1週間となった。地元鉄工所から油が流出するなどし、深刻な被害が出た同県大町町では、水害対策として水を川に排出する排水機場の一つが8月28日午前の急激な水位上昇によって浸水。操作員はポンプを止めて避難を余儀なくされ、機能不全に陥っていたことが判明した。排水機場の浸水被害は全国で報告されており、識者は対策の必要性を指摘している。

 大町町の浸水地域は低平地で水はけが悪く、水害の常襲地だった。排水機場は、大雨時の市街地や農地の冠水…

この記事は有料記事です。

残り1139文字(全文1388文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです