メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「はやぶさ2」一時ヒヤリ 異常検知で「安全モード」、2日後に通常モードに復帰

小惑星リュウグウへの2度の着陸を成功させた探査機「はやぶさ2」の想像図=池下章裕さん提供

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は3日、探査機「はやぶさ2」が先月29日に機器の異常を検知して「安全モード」が作動し、通信など最小限の機能しか働かない状態になったことを明らかにした。このため探査中の小惑星リュウグウから一時約150キロ離れたが、2日後に通常モードに復帰して上空20キロの定位置に戻る作業を行っているという。

 JAXAによると、今後の帰還に向けバックアップ用の姿勢制御装置の動作試験を行ったところ、消費電力が…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文405文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 粗悪ホイール販売容疑 カー用品大手「オートウェイ」社長ら3人逮捕

  3. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  4. 伊原六花 登美丘高校ダンス部元キャプテン、CMで自身考案ダンス披露

  5. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです