メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「手話で話すお客様は優しい顔に」 スタバ「手話の日」の催しに「店内とてもいい雰囲気」

シフトスーパーバイザーの吉田雅子さん=東京都品川区の目黒セントラルスクエア店で2019年7月31日午後0時3分、山口朋辰撮影

 コーヒーチェーン大手のスターバックスで、聴覚障害者が中心となって働く「手話店舗」がマレーシア、アメリカ、中国で相次いでオープンし、注目が集まっている。日本でも、アルバイトや店長ら現場の提案で、これまで神奈川、東京の計4店舗が「サイニングデー(手話の日)」と題したイベントを開き、「手話教室」を開いて手話の普及に取り組む店も出てきている。【山口朋辰/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1713文字)

山口朋辰

1979年横浜市生まれ。神奈川新聞社を経て2004年入社。神戸支局、豊岡支局、大阪社会部、中部報道部を経て、19年春から統合デジタル取材センター。世の中の喜怒哀楽を発信していきます。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 中央線が再開 喜ぶ山梨県民 中央道も昼に開通

  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)

  5. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです