特集

第46回社会人野球日本選手権

第46回日本選手権大会(6月29日~7月14日)の特集サイトです。アマ野球最高峰の熱い戦いを全試合ライブ配信します。

特集一覧

ホンダの左腕・東野 生命線の低めに集め安定の投球 代表つかむ好投

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
社会人野球日本選手権関東最終予選の代表決定戦で明治安田生命に対して七回途中まで1失点と好投したホンダ先発の東野龍二投手=東京都大田区の大田スタジアムで2019年9月3日、石井朗生撮影
社会人野球日本選手権関東最終予選の代表決定戦で明治安田生命に対して七回途中まで1失点と好投したホンダ先発の東野龍二投手=東京都大田区の大田スタジアムで2019年9月3日、石井朗生撮影

○ホンダ3―1明治安田生命●(3日、東京・大田)

 関東は代表決定戦が行われ、ホンダが明治安田生命を破って3大会連続22回目の本大会出場を決めた。

 ホンダの左腕・東野が七回途中まで1失点と好投し、勝利への流れを築いた。

 一回、死球から1死二塁のピンチを背負ったが、明治安田生命の3番・新城を直球で空振り三振、4番・泉沢をスライダーで三邪飛に仕留めた。「自分が納得した球で中軸打者を抑えられた」という自信を支えに、二回以降は低めへ球を集めた。六…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文552文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る