メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ベルリン動物園、双子のパンダの赤ちゃんが誕生 ドイツで初めて

 ドイツのベルリン動物園は2日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが生まれたと明らかにした。画像は8月31日に撮影されたビデオから。同動物園が提供(2019年 ロイター/Berlin Zoo)

[PR]

 [ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのベルリン動物園は2日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが生まれたと明らかにした。ドイツの動物園でパンダの赤ちゃんが誕生するのは初めて。母子ともに元気だという。

     双子の赤ちゃんは8月31日に、6歳の雌「メンメン」と9歳の雄「チャオチン」の間に生まれた。体重は186グラムと136グラムで、性別はまだ分かっていない。

     メンメンとチャオチンは中国から貸し出され、2017年からベルリン動物園で飼育されている。生まれた赤ちゃんは、母親のケアを必要としなくなった時点で中国に戻される取り決めとなっている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

    2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

    3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

    4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

    5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです