メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ベルリン動物園、双子のパンダの赤ちゃんが誕生 ドイツで初めて

 ドイツのベルリン動物園は2日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが生まれたと明らかにした。画像は8月31日に撮影されたビデオから。同動物園が提供(2019年 ロイター/Berlin Zoo)

[PR]

 [ベルリン 2日 ロイター] - ドイツのベルリン動物園は2日、ジャイアントパンダの双子の赤ちゃんが生まれたと明らかにした。ドイツの動物園でパンダの赤ちゃんが誕生するのは初めて。母子ともに元気だという。

     双子の赤ちゃんは8月31日に、6歳の雌「メンメン」と9歳の雄「チャオチン」の間に生まれた。体重は186グラムと136グラムで、性別はまだ分かっていない。

     メンメンとチャオチンは中国から貸し出され、2017年からベルリン動物園で飼育されている。生まれた赤ちゃんは、母親のケアを必要としなくなった時点で中国に戻される取り決めとなっている。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

    2. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

    3. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

    4. 天皇陛下即位を祝う献上品に文化庁長官制作の「シュプリンゲン」

    5. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです