メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

代わる首相の顔が見えない

 もうそんなになるのか……と感じた人も多いに違いない。自民党から旧民主党への政権交代が確定した2009年8月末の衆院選から10年がたった。

 政治記者になって以来、私は時の政権が行き詰まれば、有権者が別の政権を選ぶ政治が必要と考えてきた。それは今も変わらない。

 例えば、従来、自民党政権は「子育ては家庭の責任」との考えが基本だった。それに対して旧民主党政権は「子どもは社会で育てる」というメッセージを掲げ、高校無償化などに取り組んだ。

 発想を大きく転換した点で、私は安倍晋三首相が言うほどあの政権が悪夢ばかりだったと思っていないし、実…

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文934文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです