メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大岡信と戦後日本

/17 前衛劇とモンロー 物質主義の中の暗黒と生命

東京・赤坂の旧草月会館(1967年撮影)。同じ場所に77年、現在の新会館ができた。ともに草月ホールを備え、設計は丹下健三

 1964年5月1~24日、草月ホール(東京・赤坂)で上演されたある前衛劇が話題を呼んだ。米国の女性ダンサー兼振付師、ジーン・アードマンが脚本・演出・主演した実験的なミュージカル「6人を乗せた馬車」である。大岡信も鮮烈な印象を持った一人だった。

 「アードマンの踊りの最後の部分にあらわれた、大河のイメージ――生命、暗黒、死、復活、それらすべてを含めて流れる泥のイメージ――は、ぼくに強いショックを与えた」。公演後間もなく書かれた文章「日記風の断片」(『文明の中の詩と芸術』66年、所収)によれば、少なくとも2度見ている。続けて「東京のまちは今おどろくほど大量の泥に覆われている。いたるところ工事中で、いたるところ泥が露出している」と、五輪を秋に控えての首都大改造を記している。

 どんな劇だったか。本紙同月9日夕刊の劇評(演出家、菅原卓執筆)は「『6人』の舞台に登場するのは五人…

この記事は有料記事です。

残り1312文字(全文1700文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです