メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

青森市、手話・点字促進へ条例案 指導者不足指摘の声も /青森

手話を教える市ろうあ協会副会長の浅利義弘さん=青森市で市議会定例会

 青森市は手話や点字などの多様なコミュニケーション手段を促進する条例を12月の市議会定例会に提案する方針を固めた。手話が言語であることを明確にする「手話言語条例」を柱に、要約筆記などによる意思疎通を推進することも盛り込む。一方で、当事者団体からは手話の通訳者や指導者の不足を指摘する声も上がっており、関係者は「条例制定を機に人材育成も充実させてほしい」と訴える。【岩崎歩】

 市が制定を目指すのは「手話言語の普及及び多様な意思疎通の促進に関する条例」(仮称)。条例案には市の責務や市民、事業者の役割を明記し、職員研修の実施なども盛り込まれている。今後、市民から寄せられた意見を元に議論を重ね、12月の市議会に条例案を提案し、同月中の制定を目指す。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文786文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 阪神が接戦制し2連勝 糸井の適時打で追いつき勝ち越し

  5. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです