メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災 福島第1原発事故 汚染牧草堆肥化、候補地調査拡大 栗原市 /宮城

 栗原市は2日、難航している東京電力福島第1原発事故による放射性物質に汚染された牧草の堆肥(たいひ)化に使う施設建設候補地選定について、来月から新たに市内4カ所を調査する方針を明らかにした。既に調査を終えた10カ所を加えた中から絞り込むという。

 市によると、調査は面積や現在の利用状況などの確認で、追…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  4. 中日・京田選手が急逝した後輩の「背番号6」 NTT西の試合観戦 都市対抗

  5. NTT西のベンチに背番号6のユニホーム 亡きチームメートに誓った勝利 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです