メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災 福島第1原発事故 双葉から避難、いわきにサーフィン塾 地域再生、波に乗って /福島

岩間海岸でサーフィン塾を開く双葉町出身の前田淳さん。「波が穏やかで初心者も楽しめる」という=福島県いわき市で

前田淳さん「福島の海楽しんで」

 東京電力福島第1原発事故で双葉町から避難する前田淳さん(40)が、いわき市南部の岩間海岸近くに無店舗のサーフィン塾「CAN DO」を開設し、客足が遠のいた福島の海を楽しむ人を増やそうと奮闘している。開業2年半で徐々に評判が高まり、昨秋からは地元住民が開いた宿泊施設を拠点に、地域のにぎわい再生にも貢献している。【乾達】

 広々とした砂浜が約1キロ続き、サーファーに「ウエストコースト」の通称で知られる岩間海岸。8月の週末…

この記事は有料記事です。

残り1078文字(全文1303文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

  5. 平手打ちや蹴り 小学女子バレー監督が体罰か 日小連が再調査指示 大分

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです