中国映画「唐人街探案3」撮影 渋谷スクランブル交差点再現 エキストラ3000人募集 足利で21~23日 /栃木

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 足利市五十部町の競馬場跡地に再現される東京・渋谷駅前のスクランブル交差点のオープンセットで今月21~23日、中国映画「唐人街探案(とうじんがいたんあん)3」の撮影が行われる。中国の人気作品の第3弾で、制作会社は同市などを通じ、各日1000人、延べ3000人のエキストラを募集している。

 同映画は世界各地のチャイナタウンで、中国人探偵コンビが事件を解決するアクションミステリー。第1作(2015年)はタイ・バンコク、第2作(18年)は米国・ニューヨークが舞台で、2作目は中国での観客動員1億人、興行収入600億円の大ヒットとなったという。

 3作目は東京が舞台で、監督が陳思誠(チェンスーチェン)、主演の探偵コンビが王宝強(ワンバオチャン)と劉昊然(リウハオラン)と前2作と同じ布陣。日本の有名俳優も出演する予定という。

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文693文字)

あわせて読みたい

注目の特集