メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

車いすソフト世界一に貢献 日本代表の県内2選手 パラ正式種目へ「競技の魅力知って」 /群馬

「群馬シャドウクレインズ」のメンバー。車いすソフトボールは障害の有無や性別にかかわらず楽しめる

 車いすソフトボールの国際大会が8月中旬に米国で開かれ、日本代表チームが国別対抗で初優勝した。代表入りした県内2選手も攻守で活躍して勝利に貢献。一方、東京パラリンピック開幕まで1年を切り、さまざまな障害者スポーツが脚光を浴びる中、車いすソフトはパラ種目に選ばれていない。選手たちは「これを機に競技の魅力を多くの人に知ってもらい、パラリンピックの正式種目を目指したい」と意気込む。【鈴木敦子】

 国際大会は「ワールドシリーズinカンザスシティー」。3チームによる総当たりで、日本はラテンアメリカ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1312文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  2. 「お母さん、大丈夫?」呼び掛けに返事なく 次女、階下の100歳救えず 福島・いわき

  3. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  4. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  5. 皇室 天皇陛下「象徴としてのつとめを果たす」 2000人参列し「即位礼正殿の儀」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです