メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

深谷産野菜で観光客呼ぼう 市、テーマパーク化進める /埼玉

「ベジタブルテーマパークフカヤ」のオープンを宣言した小島進市長(中央)と、提携する日本野菜ソムリエ協会の福井栄治理事長(右から4番目)ら=埼玉県深谷市小前田で

 深谷市は、野菜をテーマにした観光を街全体で展開する「ベジタブルテーマパークフカヤ」のオープンを宣言した。深谷産野菜を使った料理の提供や収穫体験ツアーなどさまざまな企画を通じて観光客を呼び込み、地域経済活性化につなげる。

 市によると、深谷市の野菜産出額(2017年)は全国6位。市は現在、関越自動車道花園インターチェンジ(IC)周辺にアウトレットモールを核とした再開発計画を進めており、敷地内には食品メーカー「キユーピー」が整備する野菜の収穫や…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文555文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです