メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

荻野吟子の半生描く 熊谷で試写会 監督らあいさつ 来月公開 /埼玉

熊谷産の野菜などを贈られた(左から)斉藤とも子さん、磯村みどりさん、山田火砂子監督=埼玉県熊谷市の妻沼中央公民館で

 日本初の女医で、熊谷市出身の荻野吟子(1851~1913年)の半生を描いた映画「一粒の麦 荻野吟子の生涯」の試写会が1日、熊谷市の妻沼中央公民館で開かれた。山田火砂子監督(87)らが舞台あいさつし、地元住民ら約1400人が鑑賞した。

 映画は俵瀬村(現熊谷市)で生まれた吟子が、男尊女卑の根強い明治時代に苦労を重ねて医師になり、夫と北海道の開拓地に渡るなど波瀾(はらん)万丈の人生を描いている。吟子を若村麻由美さん、夫の志方之善を山本耕史さんが演じ、賀…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 山梨のキャンプ場女児不明 両親が新たな写真を公開 

  4. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  5. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです