メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

だいあろ~ぐ

東京彩人記 売る人も買う人も対等 ビッグイシュー日本版販売を支える・須摩陽子さん(33) /東京

須摩陽子さん

 もしも繁華街でホームレスの人が雑誌を売っていたら、それは「ビッグイシュー日本版」かもしれない。1冊350円。うち180円は彼らの収入になる。雑誌を発行してホームレスの人を支えるのは、社会的企業として知られる「ビッグイシュー日本」の役割だ。東京事務所(新宿区)の販売サポートスタッフ、須摩陽子さん(33)に、雑誌と「販売者」について尋ねた。【遠藤拓】

 ――ビッグイシュー日本版はどんな雑誌ですか。

この記事は有料記事です。

残り1305文字(全文1503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. まさにアリの一穴…「ツイッター世論」は、なぜ、安倍政権を動かせたのか

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  4. コロナ感染者ゼロ 「絶海の島」を逆手にとったパラオから日本へのメッセージ

  5. 住みたいのは草津 県民1位、「交通の便良く人気」 ネットアンケ /滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです