社会人野球

日本選手権大会 関東予選 明治安田、代表逃す NTT東は延長で勝利 /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【明治安田生命-ホンダ】七回表明治安田生命2死三塁、井村が左前適時打を放ち1点を返す=大田スタジアムで
【明治安田生命-ホンダ】七回表明治安田生命2死三塁、井村が左前適時打を放ち1点を返す=大田スタジアムで

 第45回社会人野球日本選手権大会(毎日新聞社、日本野球連盟主催)の関東代表決定戦は3日、大田区の大田スタジアムと、さいたま市の県営大宮公園野球場で計4試合が行われた。都勢は明治安田生命がホンダ(埼玉)に1―3で敗れ、本大会出場を逃した。2回戦のNTT東日本は、SUBARU(群馬)を延長十二回タイブレークで振り切った。

 4日は県営大宮で代表決定戦2試合があり、第1試合はJR東日本と東京ガスの都勢対決に。第2試合はNTT東日本が日立製作所(茨城)と対戦する。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文573文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい